2017年9月23日土曜日

9月16日(土)中野晃一さん講演会「市民共闘の前進」がひらかれました

 雨の中、120人の参加者があり、中野さんの1時間強の講演と、30分の質疑、その後、13区の滝本太郎さんから13区や神奈川の18選挙区の連絡会での活動の報告がありました。

 講演会から一夜明けた17日の朝刊では、臨時国会冒頭での解散総選挙が報道され、10月22日か29日投票となっています。もう後戻りできない状況と思われます。

 そのため、中野さんの講演内容について、前半の「個人として考え行動すること」の大切さを説いた部分は割愛して、後半の具体的な状況に触れた部分だけを紹介します。今回は、講演全体がユーチューブで見られますので、興味ある方はご覧になってください。
 
https://youtu.be/taL8nxoKv_Q   中野先生講演  写真はあらためてアップします!

 中野さんの講演から

・安倍自民党は強くない

  安倍一強と言われるが、消極的な支持でしかない。絶対得票率(有権者全体の内の得票率)から見れば、小選挙区では4人に1人、比例区では6人に1人でしかない。得票数も麻生政権より少ない。それが多数派を占めるのは小選挙区のマジック。野党が分裂して魅力を失ったため、有権者は政治をあきらめてしまっている。安倍はそれがよく分かっているから、5年もたっているのにいまだに民主党時代の政策を批判し野党の分断を図っている。だから野党は共闘して、あきらめた有権者を政治に向ける努力をしなければならない。4分の1を少し上回れば勝てるのだから。

・前原党首について

前原民進党党首が共産党とは政策も綱領も違うというが、それが同じなら一緒の党だ。違って当たり前だが、お互いに譲れないところもある。2年前の安保国会では、最初はぎくしゃくしていたが、国会前の市民の声に押される形で最後には見事な共闘が実現した。安倍政権によって、民主主義、立憲主義と言った政治の前提が壊されている。それを正すのが共闘の目的だ。前原さんも表では野党共闘の見直しと言っているが、それは離脱者を出さないためで、裏では共産党ともつながっている。離党した人たちも、戦争法や共謀罪に反対した人たちなので残念だ。

・野党共闘について

  小池都知事の新党は見込みない。中央政界で負けた人が首長になって、地方の独裁者のようにふるまうが、中央への影響力は持てない。都知事の場合オリンピックがあって国政への再出馬はできない。各小選挙区はそれぞれの事情があるから、それに合わせた工夫が必要だ。14区でも創意ある運動を進めてほしい。

2017年8月11日金曜日

9月16日「未来をひらくみんなのつどい」講師は中野晃一先生です!

9月16日(土)18時40分から、ユニコムプラザ相模原で「未来をひらくみんなのつどい」を持ちます。
今回は、大変お忙しい、市民連合呼びかけ人の中野晃一先生を相模原にはじめてお呼びすることができました。「市民共闘の前進」のテーマでお話をいただきます。  
また、お隣の13区「四市共同市民の会」事務局長の滝本太郎弁護士から、13区や神奈川全体の市民と野党の共闘についてもお話しを伺います。お誘いあわせの上、ぜひ参加ください!

7月23日「未来をひらくみんなのつどい」野党4党が出席されました

723日(日)14時から、相模原教育会館で、杉尾秀哉参議員を招いて、みんなのつどいを行いました。近隣で大きなイベントがかぶってしまったこともあり、100名の参加でした。杉尾議員は先の国会報告と、昨年の参議院選挙の長野選挙区で野党統一候補として当選を果たした経験などを、熱く率直に語ってくださり、「野党は大まかな政策で一致を目指し、自民党の支持層への食い込みも必要」など、学ぶことの多い講演でした。市民主体で「だまってられないちゃん」のキャラクターを作り、「選挙あるよ!投票行こうよ!」のチラシやのぼりで宣伝して全国1位の投票率となり、無党派層での得票が伸びたお話も印象的でした。

今回のつどいには、私たちの要請に応えて野党4党の代表がそろって出席され、それぞれから挨拶を受けました。民進党は本村衆議院議員は来られませんでしたが、寺崎雄介中央区選出県会議員、共産党は中野渡旬予定候補、自由党は県連の渡邉昌司常任幹事、社民党は金子ときお市会議員が県連幹事長として、それぞれ発言されました。その後、会場からの発言も相次ぎ、最後は市民と野党の共闘を求めるエールで締めくくられました。

憲法も生活も破壊するアベ政治を終わらせるため、今後も市民の輪をひろげ、野党との連携を深めていきたいと思います。 


 
 
 
 


2017年7月8日土曜日

7月23日 「未来をひらくみんなのつどい」ぜひご参加ください!

7月23日(日)14時から、相模原教育会館・大会議室で、みんなのつどいを開催します!2016年参議院選挙、長野選挙区で市民と野党の共闘で統一候補となり、高い投票率のもと勝利された杉尾秀哉参議院議員が、長野モデルについてお話ししてくださる貴重な機会です。国会報告や、ジャーナリストとしての現在のマスコミへの提言などもうかがえると思います。野党4党からの発言も要請中です。皆さま、どうぞご参加ください。

また、9月16日(土)18時40分~は、ユニコムプラザ相模原にて、市民連合呼びかけ人中野晃一先生を、はじめて相模原にお招きしてのつどいも計画中です。13区やかながわ市民連絡会で頑張っておられる滝本弁護士にもご登場願います。

2 つの集会に先立ち、7月14日19時から、大野北公民館での賛同者集会にもどうぞ足をお運びください。
皆さま、ここ14区でも、ご一緒に市民と野党の共闘を進め拡げていきましょう。

人権と民主主義と平和を大切にする政治にカエル! い~世14区!
 
 


2017年6月12日月曜日

神奈川18選挙区共同で野党4党の神奈川県連に要請書を届けました

6月9日(金)午後、野党4党の県連に、「野党共闘」「衆議院の18の全ての小選挙区で、早期に統一候補を」と求めて、30人余りで回ってきました。
神奈川では、18の小選挙区すべてで野党共闘を求める市民団体が立ち上がり、その18の団体の初めての共同行動でした。18区全体からの要請書を、一部読み上げてお渡しし、各区から簡単な活動報告や要請をお伝えし、各党のお話しを伺いました。
日本国内で、このようなことは初めてだろうということです。4野党は、なんとかこれに答えてほしいと願います。

       -------------------

民進党神奈川県総支部連合会への要請活動

 
 

日本共産党神奈川日県委員会への要請活動



自由党神奈川県総支部連合会への要請活動



社民党神奈川県連合への要請活動



記 者 会 見 の 様 子



神奈川県内の全小選挙区で統一候補を!
 違憲の「安保法制」廃止・安倍政権退陣のため、

   衆議院小選挙区での選挙協力への要望   
                                       2017年 6月 9日

民進党神奈川県総支部連合会  御中
日本共産党神奈川県委員会  御中
自由党神奈川県総支部連合会  御中
社民党神奈川県連合  御中

 私たちは、神奈川県内に18区ある衆議院小選挙区において、それぞれ独立に結成された「市民の会」などに参加する一般市民です。2016年11月23日成立の「かながわ市民連絡会」の場などを通じて互いに交流しております。

 私たちは一致共同して、日本国憲法の三大原則と立憲主義を尊重される貴四政党に、神奈川県内の全ての衆議院小選挙区で統一候補を擁立されるよう要望いたします。

  私たちは、安倍政権が進めてきた集団的自衛権行使容認の閣議決定、2015年安保法の制定などにより立憲主義が崩壊していく姿、そして海外派兵のための9条改憲、緊急事態条項を盛り込み、基本的人権を制約する改憲に突き進もうとする姿勢に、強い危機感をもっています。私たちは、政治の私物化・独裁化・腐敗の様相が著しい安倍政権を、なんとしても退陣に追い込みたいと考えています。

  昨年2月19日、(当時の)5野党は国政選挙での協力を合意しました。6月7日には「安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合」の様々な要望を受け止め、ともに全力で戦うことを約しました。私たち市民はこれらを大いに歓迎し、支援して参りました。その結果、7月の参議院議員選挙では、与党と補完勢力に2/3の議席を許したとはいえ、32の一人区全てにおいて野党統一候補が実現し、11の選挙区で勝利し、私たちは大いに勇気づけられました。衆議院議員選挙についても、9月23日、一人区全てにおいて「出来る限りの協力」を確認、そして本年4月5日には「『市民連合が実現を目指す政策』に関する4党の考え方」を確認されました。貴四政党のこれらご努力に深く敬意を表します。

  私たちは、今こそが、国内外で数千万人の犠牲者を出してしまったあの戦争後、日本国憲法下の平和な70年余年を経て、権力者が横暴を振るい基本的人権が失われる「戦前」のような日本に戻ってしまうのか、それを止められるのか、その分水嶺だと認識しています。

 各党内や予定候補者それぞれの事情や歴史的背景はありますでしょうが、この危機的な状況を止めるため、万難を排して全選挙区での統一候補擁立を切望いたします。候補の一本化により、有権者に対して非常に強いメッセージを打ち出すことができ、私たちも広く強く訴えていくことができます。投票率が上がり、単なる足し算以上の得票を獲得できると確信します。

  私たちは、各々の選挙区で、統一候補を精一杯ご支援することをお誓い致します。  以 上

 
  本要望書に賛同する「市民の会」一覧 <世話人/共同代表氏名>
(1区)     神奈川1区市民連絡会
(2区)     アベ政治NO!神奈川二区市民連絡会
(3区)     野党共闘の実現を求める市民の会・鶴見[準備会]
(4区)     4区衆議院選を考える会
(5区)     かながわ5区市民の会(泉・瀬谷・戸塚)
(6区)     かながわロックの会
(7区)     つながり&変えよう都筑連絡会
(8区)     青葉・緑(8区)市民連合
(9区)     99%の市民のために!あさお・たま連絡会
(10区)   なんてん 神奈川10区の会
(11区)   よこすか・みうら市民連合
(12区)   野党統一候補を求める神奈川12区市民の会
(13区)   戦争法廃止4市共同市民の会
(14区)   市民連合14区かながわ
(15区)   いちご市民の会
(16区)   16区市民連合
(17区)   いいなイエロー市民の会
(18区)   18区市民の会
 

2017年6月7日水曜日

5月24日相模大野駅前で「共謀罪反対キャンドル宣伝」に参加しました

5月24日(水)20時から相模大野駅前で、「共謀罪」反対キャンドル宣伝があり、市民連合14区からも参加しました。主催は、虹色@ピースフレンズという、綾瀬・海老名・座間・大和を中心に活動している、青年・パパママ世代の革新懇で、党派を超えて、参加の呼びかけがありました。小学生・中学生も含めて17名が思い思いのプラカードや、ペンライトなどの灯りを持って集まりました✨
中学生のスピーチもあり、道行く皆さんの心に届いたと思います。
 
 
 

 

5月21日、共謀罪に反対する相模原市民のつどいでアピールさせていただきました

5月21日、「話し合うことが罪になる!?」共謀罪に反対する相模原市民のつどいが教育会館で行われ、170名の参加がありました。14区在住の方には市民連合14区へのお誘いをお渡しし、海渡雄一弁護士の講演後のフロアートークでもアピールさせていただきました。新たに14名の方が市民連合14区に登録してくださいました!共謀罪法の強引な衆議院採決を見ても、野党と市民の共闘で、野党議員の議席を増やしたい!と改めて思います。